愛知県のサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)

やっぱり愛知が好きだから

愛知県の
サ高住施設数

327
愛知県のサ高住施設を探す

愛知県の
高齢者※1人口

187.5万人
※1 65歳以上人口 (2019年11月調べ)

サ高住施設1件に対する
高齢者※1人口

5734
※1 65歳以上人口 (2019年11月調べ)

愛知県のサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)

愛知県では「高齢者の居住の安定確保に関する法律(平成13年法律第26号)」に基づき、サ高住施設の登録を積極的に行っています。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の登録は、名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市の各市に立地する住宅については、それぞれの市で行われ、それ以外の愛知県の市町村のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は愛知県の管轄になります。平成23年の登録開始以降、愛知県内のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は増加傾向にあり、特に2018年以降、登録数は急増しており、愛知県がこの先迎えることになる高齢化社会の意識の高さがうかがえます。

地域別では名古屋市の施設登録数が圧倒的ですが、高齢者人口比率が高い西尾市や蒲郡市などでも急増の傾向が見られます。逆に愛知県南部の沿岸エリアや山間部では登録数の乏しさは否めません。概して、名古屋市を中心とした都市部では高齢者人口とサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の登録数のバランスが取れている一方で、地方に行くほど施設不足が目立ってしまうといえます。

愛知県のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のもう一つの特徴は施設利用料です。最も多い価格帯が15万円前後と首都圏の施設利用料に匹敵するほどです。先のエリア特性に関連して都市部の施設が多いことが理由の一つとして挙げられるますが、加えて個々の居室面積が大きい施設が多いことも賃料に関係しているようです。

都市型のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が充実している一方、高齢者比率が高い地方での登録数拡大が大きな課題となっている愛知県ですが、県や地方行政の働きかけにより、今後の登録施設数の増加とサービスの向上に期待したいきたいところです。

愛知県でサ高住施設を運営する皆様あなたのサ高住施設を掲載しませんか?

サ高住ドットジェイピー・ウェブ賛助会員にご登録いただくと、入居募集に役立つ施設管理ツールをご提供します。部屋ごとの空室状況の入力や、施設画像の追加、基本情報の編集を行うことができます。ぜひご登録いただき、入居者募集に『サ高住ドットジェイピー』をお役立てください。